【静岡×流しそうめん】夏限定!川に入って楽しむ“水車むらのお昼ごはん”

夏のお昼ごはんといえば、やっぱり冷たいお素麺!

静岡県藤枝市北部、滝ノ谷川上流にある「むかし田舎体験 水車むら」では、7月〜9月の夏季限定で流しそうめんをご用意しています。

浅瀬の川が流れる、水車むらならではのロケーションを活かし

川に入って流しそうめんを楽しみます!

川の水ってひんやりして気持ちが良いんですよ。

夏の思い出、作りに来ませんか?

目次

古民家からのロング流しそうめん!川の中でお素麺を食べよう

水車むらの流しそうめんは、とーーっても長くて迫力満点!

古民家の庭から、下を流れる滝ノ谷川まで約10mを滑り降りてくるロング流しそうめんです。

川の中にお食事場所を用意してありますので、濡れても良い履き物をお持ちくださいね。

川の水はひんやりして、とっても気持ちが良いんです。暑い夏ならではの醍醐味ですよね。

大人も子どもも大はしゃぎです。

流す役、食べる役、交換しながら楽しみましょう!

「次はトマトがいくよ〜!」

流すほうも意外と楽しいんですよ♪

素麺だけでなく、意外な食材も流れてくるかも!

流し台が大きいので、大勢でもゆったりお召し上がりいただけます。

流しそうめんの体験方法

流しそうめんをご希望の場合には、

むかし田舎体験 水車むらの

の、どちらかをご予約ください。

予約時に、

オプションの「流しそうめん」を希望

とお伝えください。お一人様につき¥1,000の追加料金です。

当日、流しそうめんの用意をしてお待ちしています。

※流し台の竹はほぼ毎回、その日の朝に切り倒して新しいものに交換しています。

雨天でどうしてもできない場合は、室内でのお素麺になりますが、竹で器を作るなど、雨の日ならではの体験もあります。

心配な場合には、お気軽にお問い合わせくださいね。

▶︎水車むら雨の日の楽しみ方

半日体験プラン:「流しそうめん」と「かまどご飯」の違い

半日体験プランのお昼ごはんを「流しそうめん」に変更いただいた場合

【通常時】火起こし体験▶︎かまどでご飯炊き▶︎囲炉裏で食材を焼きながら食べる

のところ

流しそうめん】火起こし体験▶︎かまどでそうめんを茹でる▶︎囲炉裏で食材を焼きながら食べる▶︎川で流しそうめん

という流れになります。

囲炉裏で、ヤマメや旬のお野菜を焼くという部分は、どちらも同じです。

また、通常の半日体験プランでは、子どもたち自身で薪割りから火を起こし、かまどでご飯を炊きますが

流しそうめんの場合には、この部分が「火を起こして、かまどでお素麺を茹でる」に変更となります。

薪割りからの火起こし体験は、どちらも同じようにできますので、ご安心くださいね。

▶︎半日体験プランの記事をみる

普段よりたくさん食べちゃう!

ただ、かまどご飯よりも、流しそうめんの方が準備に時間がかかるので

少し早めにお昼ごはんを始めるよう、お声かけをさせて頂いています。

子どもたちは川遊びの最中に、大人は暑くなった体のクールダウンに。

囲炉裏で焼いたとうもろこし、甘くて美味しいよ〜!

体が冷えたら、また囲炉裏で温かな焼き料理をいただきましょう♪

むかし田舎体験 水車むら アクセス・ご予約はこちら

むかし田舎体験 水車むら」のご予約は、HPから承っています。

質問からでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちら

お問い合わせは【お電話・メール】にて受け付けています

電話:090-2213-9759

メール:suishamura@outlook.jp

HP:むかし田舎体験 水車むら

アクセス

藤枝駅から車で30分程度

最寄りのインターチェンジ 谷稲葉インターから車で16分

2021年夏現在は、一日一組の予約限定です。駐車場や場所取りの心配もいりません。

※夏休み期間中は、道中川遊び等の車両が増えます。お気をつけていらしてくださいね。

アクセス詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる