藤枝で!雨でも遊べるアウトドアスポット。むかし田舎体験水車むら「雨の日」の楽しみ方5つ

アウトドアで遊びたいけれど、雨が降ったら子ども連れは大変だし…。とお悩みのご家族におすすめしたいのは、静岡県藤枝市にある「むかし田舎体験 水車むら」。

古民家一棟を貸切で遊べるので、雨でも大満足の一日が過ごせるんです。

今回は、むかし田舎体験水車むらの、雨の日ならでは楽しみ方をご紹介します。

目次

ヤマメの掴み取りから、塩焼きまで!「自然をいただく食育体験」

半日プランでご用意している「ヤマメの掴み取り」。こどもたちに大人気のイベントです。

▶︎水車むら半日体験プランの詳細はこちら

もちろん、雨の日にも体験できますので、ご安心ください。

大きな樽に、素早く動くヤマメたち。みんな器用に捕まえていきます。

雨の日の醍醐味はここから!

晴れの日には、みんな一目散に川へ向かっていくんです。なので、ここからの「ヤマメを捌く」体験は、川遊びに夢中でやらない子も。

しかし、雨の日なら、みんなで屋内にいるので、じっくりヤマメを観察することができます。

エラに指を入れて、お腹の中身を出すんだよ。

お腹の中はどうなっているのかな?

塩焼きにする串は、どうやって打つのかな?

今まで何気なく食べていた魚も、こうやって捌く体験をすることで、命をいただくことを実感することができます。

囲炉裏の前に座ると、普段「お魚はいらない〜」と言っている子も、「今日は食べてみる!」と完食する子ばかりです。

しっかりとことんヤマメと向き合う。

ある雨の日の体験では、ヤマメを10匹以上一人で捌いた女の子もいるんです!

お料理はやらせたことがなかったのに、とお母さんも驚いていました。

興味の種が花開いた瞬間ですね。

体験の中では、親でも知らなかった“こどもの興味”に出会うことも多いんですよ。

むかし田舎体験水車むらでは、ヤマメの掴みどりを中心に自分たちで食事を準備し、いただきます。

命をいただくありがたみ、食事を用意する大変さ。

食育体験を通して、普段の生活の中で当たり前になっていたことに、今一度親子で目を向けてもらうきっかけのひとつになれたら嬉しいのです。

焼きたて団子・お煎餅が食べられる!「水車むらのおやつ」

水車むらのお昼ご飯は、地元の旬野菜やヤマメを囲炉裏で焼いて頂きます。

▶︎「囲炉裏でランチ」のみのプランもご用意しています。

屋内の時間が長い雨の日には、通常の囲炉裏ご飯に「水車むらのおやつ」を加えるのがおすすめ!

※水車むらのおやつ(¥500/一名)はオプションプランです。事前にご予約くださいね。

おやつの中身は、お煎餅にお団子!もちろん、この囲炉裏を使います。

みなさん、お煎餅を自分で焼いたことはありますか?

焼きたてのお煎餅は、香ばしくってあったかくって、スーパーで買ったお煎餅とは段違いの美味しさ!

ころころと並んだお団子は、あんことみたらしでいただきましょう。

どちらもたっぷり用意しているので、好きなだけのっけて召し上がれ♪

雨・川遊びで冷えた体を温める「五右衛門風呂」

むかし田舎体験 水車むらでは、雨の日でも吊り橋の下で五右衛門風呂(オプションプラン ¥500/一名)が楽しめます。

こどもたちは、雨でもお構いなしに川へと一直線!足だけでも、いつの間にやら体はひんやり。

あったか〜い五右衛門風呂に浸かって、冷えた体を温めてくださいね。

小学生なら二人、幼児なら三人一緒に入れます。

上の吊り橋を誰かが歩くと、バタバタバタ〜!っと雨粒が。まるで、あの“トトロ”のワンシーンのよう。

「キャー!大雨だ〜!」なんて、大盛り上がりのひとときを楽しんでくださいね。

雨の音・匂いを感じてみよう!「雨の日の古民家」

普段、雨の音をじっくり聞いたことはありますか?

ザー しとしと ぴちょんぴちょん

古民家ならではの大きな窓に切り取られた景色、眺めていると心が安らぐのを感じます。

「雨の音をじっくり聞いたのなんて、初めてかも。」

雨の日に来られて良かった、と言ってくださるお客様も多いんです。

※2021年6月現在 20年振りの茅葺き屋根の葺き替え中のため、足場が組んであります。2021年9月頃に完成予定です。

昔ながらの黒板・おもちゃ・かくれんぼ「古民家で遊ぼう」

川遊びができない雨の日。古民家をじっくり満喫するチャンスなんです。

水車むらにある築250年の古民家は、茅葺きの二階建て。急な階段を登ると、まるで隠れ家のような二階が現れます。

こども達は大興奮!

梁の上を平均台のように歩いてみたり、椅子に座ってじっくり外の景色を眺めてみたり…

一階には昔ながらの黒板や、おもちゃが用意してあります。

いつもは先生が書いている黒板。あっという間に学校ごっこが始まりました。

小さい子も、もちろん一緒です。

大人は雨で残念…と思いがちですが、こども達は遊びを見つける天才です。自分たちのおうちとは少し違う「古民家」。

その空間を存分に楽しんでもらえたら嬉しいです。

水車むらの庭で「雨の日の生き物」を観察しよう

雨が降ると、普段隠れている生き物も、水車むらの庭に続々と顔を出します。カエルやカニ、おたまじゃくしなど、雨の日のお客さんがいっぱい。

「カエルいたーーーー!!」

「あれ!このカタツムリは殻が尖ってるねぇ!」

など、こども達は次々と見つけていきます。

図鑑で見ている生き物たちも、実際に触ってみると新しい発見だらけ。水車むらでは、“経験”を大事にしています。

見てみる・触ってみることで、知識はグッと深まりますよね。ぜひ、親子で雨の日ならではの観察を楽しんでみてください。

むかし田舎体験 水車むら アクセス・ご予約はこちら

むかし田舎体験 水車むら」のご予約は、HPから承っています。

質問からでも結構ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

ご予約はこちら

お問い合わせは【お電話・メール】にて受け付けています

電話:090-2213-9759

メール:suishamura@outlook.jp

HP:むかし田舎体験 水車むら

アクセス

藤枝駅から車で30分程度

最寄りのインターチェンジ 谷稲葉インターから車で16分

2021年の夏は、一日一組の予約限定です。駐車場や場所取りの心配もいりません。

アクセス詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる